不倫や浮気の兆候があるかも!?調査はプロの探偵にお任せ!

- それはあなたに掛かっています

それはあなたに掛かっています

相手の有り様を調査する事
「数ヶ月前に問題なく婚姻関係を結んだが、これまで一回不倫を行なっていたみたいだ。結び付きは切れたのだろうか」
「前々から浮気する習慣が存在するが、婚姻関係を結ぶ前に不倫の間柄にあった相手が間違いなく存在しないのか」
婚姻関係を結ぶ前に、自分と結婚する女の人の正体を把握しておきたいものですが、実際にはかつての事を牢固として話さない女の人もいるもの。
ですが、不倫の振る舞いをしていたのであれば、結婚した後に別の人の不倫の対象となっていた女房の損害賠償を背負い込む恐れもあるのです。
不倫の振る舞いは法制度の中では貞操義務の不履行と言われ、姻戚関係の解消や損害賠償の申し立てが可能な事柄の一つとして看做されます。
仮に婚姻関係を結ぶ前だとしても、女房が不倫の対象となっていたら、損害賠償を払い渡す必要がある立ち位置になってしまいます。
このようなマイナス要因を免れる為にも予備的な情報収集が重要なのです。
婚姻関係を結ぶ前の情報収集も探偵の業務
女房が婚姻関係を結ぶ前に、不倫を行なっていないかチェックしたいが、日頃の業務が多忙を極めていて不可能という人も沢山いることでしょう。
ですが、結論が出ないまま婚姻関係を結んで、その後に不倫していた事実が露見していたら、夫婦の間柄の継続どころか損害賠償などのコストも生じてしまう場合が存在します。
婚姻関係を結ぶ前の不倫の情報収集を実施する場合には、その情報収集の専門家が集まっている探偵会社へ要請してみてください。
探偵会社では、仮に不倫の間柄のあった対象がいた際には知らせます。
追跡や監視による情報収集を実施した後に報告書として具体的に伝えていきます。
その結果を踏まえて「それでも婚姻関係を結びたい」と考えるのか「やっぱり結婚の約束は取り消そう」と考えるのか、それはあなたに掛かっています。
ですが、婚姻関係を結ぶ前にこのようなデータを把握しておく事でマイナス要因を検討する機会にはなります。
更に、配偶者が間違いなく信用の置ける人間か考察する事にも結び付きます。

関連記事: