不倫や浮気の兆候があるかも!?調査はプロの探偵にお任せ!

- 主人のこれまでの経緯を把握してください

主人のこれまでの経緯を把握してください

付き合っている時から浮気癖あり?不倫は継続するもの
「交際していた時から、別の女性を誘惑していた」
「二人の恋人と同時交際されていた期間が存在した」
「かつて付き合っていた彼女と元の関係に戻ろうと思った事がある」
「婚姻関係を結んでからも、遊び友達の中に女の人が沢山混ざっている」
など、交際してから今まで旦那や女房に異性の相手が自分の他にも存在するという事はありませんか?
付き合っている時から浮気をする習慣がある方は婚姻関係を結んでからも浮気して不倫するという展開になっても不思議ではないのです。
仮に決まった相手がいつも遊び相手で勘繰ってしまうとか、浮気している現場を目撃したが、それきりで裏付けが存在しないという中身では不倫した証明にはならず、姻戚関係の解消の仲裁裁判などで損害賠償を貰う事が不可能です。
探偵会社の役回り
「主人が不倫を行なっているのは確実なのだが、裏付けが無いので真実を肯定しない」
「裏付けを確保して、不倫している事実を肯定させ、姻戚関係を解消する際に相手から損害賠償を間違いなく貰いたい」
という人がいることでしょう。
こういったケースではとにかく、主人のこれまでの経緯を把握してください。
その為にも、使ってもらいたいのが探偵会社です。
「低層義務に違反している裏付け」が判明してくると、浮気する習慣のある方なら証明までは困難ではないと思います。
ですが、証明する為には相応の情報収集を実施するので時間と料金が不可欠となります。
その分信憑性のあるデータを整理して報告書を制作し、供与します。
交際している時から別の女の人に目の色が変わるパターンの強い男の人は、やっぱりこのような振る舞いを継続するもの。
ですが、婚姻関係を結んでからも同様に不倫を継続している場合には、夫婦関係を維持するのは困難だと思います。
姻戚関係の解消や損害賠償の申し立てを優位に進行する為にも、一先ず探偵会社へ話し合ってください。

関連記事: